1000枚までのご注文は、封筒付きカードも最短中1日で発送。

挨拶状印刷の【良い挨拶状.com】20枚から中1日で印刷できる(千葉市中央区)

Blog/2017-12-22

Top / Blog / 2017-12-22

あいさつ状サイトをつくった理由

2017年も残り10日を切りました。
ついこの間お正月を迎えたと思ったら、あっという間に12月になり、その12月も残りが9日になってしまいました。

年を取ると月日の過ぎるのが早く感じられると良く言われますが、まさしくそれを実感する毎日です。

昨年の暮からSEOの基準が変わったので、どうも上位にランクされなくなったようで、春辺りから受注にも変化が見られるようになりました。
今までは、1〜2位に表示されていたのですが、ランク外へ振り落とされていました。

いったいどんな変化があったのでしょうか。

GOOGLEの基準の変化をうんぬんする前に、まずは、このサイトの開設からの歴史を顧みようと思います。

私は2003年頃から、何とかして売るためのホームページを作りたいと思っていましたが、自分で少し勉強しましたが歯が立たず、女子社員に挨拶状のサイトを作って貰いました。
htmlで作ったサイトでした。

しかし、SEOも何のことか知りませんでしたし、注文がくるようなことはありませんでした。
挨拶状のほかにも名刺のサイトも作ってもらいました。

作ったサイトを自分で見て注文をするには、あーしたりこーした方が良いと思っても、社員にはそれを表現することが出来ず、靴の上から足を掻いているようなもどかしさが常にありました。

自分でサイトを作るきっかけとなったのは、QHMというものを見たからなんです。

QHMを知った本当のきっかけは、確かではないけど、確かメールだったと思う。
QHMとは、クイック・ホームページ・メーカーというもので、わずか一日でホームページが作れると書いてありました。

それは2008年の仕事初めから間もない1月12日(土曜日ですが、当社は第1・3土曜日しか休まない)のことでした。

社員に無断で、早速無料のお試し版(Quick Homepage Maker Standard Edition)を申し込み、ついでに亀田さんのお勧めの無料のレンタルサーバー(@PAGES)にも申し込みました。
ダメだったらやめれば良いのだからと気楽な気持ちだったのを覚えています。

それが今思い返せば、今まで幾度となく挑戦して惨敗していたホームページ作りへの反撃の第一歩だったのです。



コメント


認証コード(0602)

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional