宛名データ作成の注意点

宛名印刷をご希望の場合は、エクセル『Excel97-2004ブック(.xls)形式』のデータを作成します。
まず、宛名印刷したときに相手の敬称によってシートを分けます。

法人の中の個人宛に出す場合は、①『法人の個人名宛(様)』

法人の社名や部署宛に出す場合は、②『法人名宛(御中)』

友人や親戚、同僚宛に出す場合は、③『個人名宛(様)』

のそれぞれに分けて作成してください。

シートの必要項目

 各シートでの必要項目は下記のようになります。

  • ① 法人…部署名宛(御中)・個人名宛(様)
    No.、氏名、会社名(30文字まで)、部署名1(30文字まで)、部署名2(20文字まで)、役職名(15文字まで)、〒、住所1、住所2(ビル等)
  • ② 法人名宛(御中)
    No. 、法人名(30文字まで)、部署名1(30文字まで)、部署名2(20文字まで)、〒、住所1、住所2(ビル等)
  • ③ 個人名宛(様)
    No.、氏名、連名3人まで、〒、住所1、住所2(アパート、マンション等)

【注意事項】ご協力をお願い致します。

  • 空白の行は作らないで、詰めてご入力ください。
  • 苗字と名前の間にスペースを入れてください。
  • 連名は3人まで、名前の間にを入れてください。
    例) 花子太郎次郎 それぞれにが付きます。
  • 法人の個人宛では肩書き付きの連名は出来ません。
  • 機種依存文字、旧字は正しく印刷されない可能性がありますので、なるべく使用しないでください。
  • 社名、役職、部署1、部署2には文字数の制限があります。
    文字数は、半角数字や半角スペースなどの半角のものもすべて1文字にカウントしてください。文字の制限数を超えますと印字されませんので、ご注意下さい。
    文字数の多いものは文字が小さく印字されます。
  • 〒番号、住所の数字、ハイフンは半角で入力してください。
  • 記入のない箇所は宛名印刷に反映されません。他と同じ場合でもご記入ください。
  • セルの結合、セル内での改行はトラブルの原因となりますので、絶対にしないでください。